長兄 田村高廣

本名:同じ
1928年(昭和3年)8月31日生まれ
出身地:京都府


1952年(昭和27年)同志社大学経済学部卒業
1953年(昭和28年)松竹株式会社に入社 木下恵介監督作品『女の園』でデビュー。
1955年(昭和30年)『女の園』『二十四の瞳』で「1954年度 国民映画新人男優賞」受賞。
1964年(昭和39年)にフリーになるまで松竹大船 京都両撮影所で約60本の映画に出演
1965年(昭和40年)『仇討』『続・兵隊やくざ』で「第12回 京都市民映画祭 助演男優賞」
1966年(昭和41年)『兵隊やくざ』シリーズ『清作の妻』で
「第11回ホワイトブロンズ賞助演男優賞」、「第16回ブルーリボン男優助演賞」を受賞。
1981年(昭和56年)『天平の甍』『動乱』『父よ母よ』で
「日本アカデミー賞 優秀助演男優賞」受賞。
1982年(昭和57年)『泥の河』で「毎日映画コンクール最優秀男優演技賞」受賞。
1987年(昭和62年)「第4回山本薩夫記念 日本映画復興特別賞」受賞。
長い俳優経歴を通じ 充実した演技力により 『春駒のうた』『海と毒薬』など
数多くの優れた作品に貢献、日本映画の発展に貴重な従割を果たした。
1988年(昭和63年)『イタズ 熊』で「第38回 芸術選奨文部大臣賞」受賞。
1991年(平成3年)秋「紫綬褒章」受賞。
1999年(昭和11年)秋「勲四等旭日小綬章」受賞。
2006年(平成18年)5月16日(火)午前0時19分逝去。享年77歳。

著書:『剣戟王 阪妻の素顔 家ではこんなお父さんでした』(2001年)
ISBN:9784898301289

田村俊磨のタムトーク